FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【主力】ウィルグループ決算

8/5ウィルグループの決算が発表されました。
事前の会社予想から上期は減益となり第一四半期は悪いだろうと予想されていました。
なので発表後は一時的に軟調な株価になるのではと予想して、主力だけに保険売りをしてばっちりガード!
PTSでも10%程度下落でも安心!!!



と、おっもいきや保険売り忘れてるーーーーーー

とメシウマな展開ですが決算分析を記載します。

勉強中の身なので突っ込みどころ盛りだくさんかと思いますが・・・

その①まずは決算

2017 売上 営業利益 経常 純利益
第1四半期 13418 117 115 18
2016 売上 営業利益 経常 純利益
第1四半期 9433 266 264 153

■売上    +42%
■営業利益 -56%
■純利益   -88%

売り上げは伸びていますが利益面で見た目が悪いです

その②通期考察

会社側の発表を基にすると以下のようになります

2017 売上 営業利益 経常 純利益 利益率 進捗
第1四半期 13418 117 115 18 0.1% 2%
第2四半期 13982 353 365 202 1.4% 24%
第3四半期 14800 565 565 315 2.1% 37%
第4四半期 14800 565 565 315 2.1% 37%
累計 57000 1600 1610 850 1.5%

ここで注目なので
 ■上期計画達成について
 ■通期達成について

この二つの観点で掘り下げていきます

 ■上期計画達成について
 第二四半期では売り上げ達成、且つ、利益率1.4%が達成できれば十分可能な数字となっております
 ▼ここで重要なので
   ・売り上げの達成
   ・利益率の2つです。
 売り上げは今回も達成できているので【利益率1.4%】の妥当性についていきます。
 利益率1.4%というのは過去の決算から妥当性がどの程度かというと以下のようになります

2016 売上 営業利益 経常 純利益
第1四半期 9433 266 264 153 1.6%
第2四半期 10427 348 352 109 1.0%
第3四半期 12290 471 472 244 2.0%
第4四半期 12878 344 380 186 1.4%
累計 45028 1429 1468 692 1.5%

2015 売上 営業利益 経常 純利益
第1四半期 7361 86 87 36 0.5%
第2四半期 7824 249 254 153 2.0%
第3四半期 8500 226 221 114 1.3%
第4四半期 8901 378 388 244 2.7%
累計 32586 939 950 547 1.7%

2014 売上 営業利益 経常 純利益
第1四半期 6215 147.5 146.5 75.5 1.2%
第2四半期 6215 147.5 146.5 75.5 1.2%
第3四半期 7077 216 180 73 1.0%
第4四半期 7291 297 301 160 2.2%
累計 26798 808 774 384 1.4%

過去3年を見ていくと利益率1.4%というのは特段難しいことでないのがわかります
※第二四半期平均利益率 ⇒1.4%
※通期平均利益率      ⇒1.53%

ということで上期、通期ともにまだまだ数字上で行きますと普通に達成可能な数字かなと思っております。
 通期でも1.5%の利益率があればOK」

その③減益の理由
 ■会社の発表によりますと以下のようになります

 ※セールスアウトソーシング事業に おける収益性の高い業務請負案件の減少、医療・介護分野における人材派遣・紹介が依然として先行投資段階にあ ること及び中期経営計画「Will Vision 2020」に掲げる計画の達成を見据えた新規事業部門や採用部門の増強等に より増収減益となりました。

 ふむ、なるほど、つまり今後の成長のための投資により利益率が悪いとあります
 では詳細を掘るために、これ以降はセグメント別に見ていきます
 
 ■セグメントの業績は、次のとおりであります。
 ① セールスアウトソーシング事業
 収益性の高い業務請負案件が前年同四半期に比して減 少したことや業容拡大に伴い人件費や採用費等の費用が増加したことから、増収減益となりました

  ② コールセンターアウトソーシング事業
  利益面においては、売上高の増加の伴い売上総利益が増加したものの、業容拡大に伴い人件費や採用費等が増 加したことから、増収減益となりました。

  ③ファクトリーアウトソーシング事業
  利益面においては、営業展開地域の拡大に伴い人件費や採用費等が増加しましたが、売上高の増加によって吸
収し、増収増益となりました。
 
 ④そのほか
 医療・介護分野における人材派遣・紹介が依然として先行投資段階であること等から増収減益

 ■セグメント別収益

セグメント別考察
セールスアウトソーシング事業
売上高 4,595
利益 211 47%

コールセンターアウトソーシング事業
売上高 2851
利益 120 27%

ファクトリーアウトソーシング事業
売上高 3157
利益 143 32%

そのほか
売上高 2814
利益 -27 -6%

ここままで分かることは
 ⇒③ファクトリーアウトソーシング事業 以外は増収減益となっています。

では重要になってくるのが減益理由の
 ・収益性の高い業務請負案件が前年同四半期に比して減 少
 ⇒次期は収益性の高い案件の有無、もしくは無くても利益率はどうなのか?
 ・人件費や採用費等
 ⇒次期も継続するのか?今期特有なのか?具体的な費用はいくらか?

上記は決算書では読み取れませんでした。

この二点をIRに問い合わせすれば今季のみ通りが見えてきます。

【結論】
 過去実績から数字上は目標達成可能!!
ただし、要因は掘り下げないと不明なので要IR確認!!

以上となります。

最後に、投資は自己責任!
ご参考程度に。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛知のブタ

Author:愛知のブタ
サラリーマン歴10年。
興味のあること
・株(成長株を長期保有スタイル/たまに短期売買)
・パチンコスロット
・お酒
・ジム
・ドラクエモンスターズスーパーライト(100万近く課金してます、笑)

株はまだまだへたくそなので履歴をつけることで上達を狙います。
パチンコスロットはスロプロ級!?
株も同じレベルにしたいです。
仕事は楽しいですが会社にすがる人生なんて御免です!
なので目指せ一億。

カテゴリ

アクセス

株Blogたまにスロットぱちんこドラクエ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
1087位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。